五位堂医院

産科 – 出産を最高の思い出にするために・・・。

聴覚スクリーニング検査





林産婦人科では、産まれてきた赤ちゃん全員に新生児聴覚スクリーニング検査を行っています。



新生児聴覚スクリーニング検査とは、早期に難聴の有無を発見するために、赤ちゃんに行う聴覚検査です。

先天性難聴は1000人に1人か2人の率で出現すると言われ、難聴のあることに気づかずにいますと、ことばの発達が遅れたり、コミュニケーションがとりにくいなどの支障が起きます。

早く見つけて適切な支援をすることによって、赤ちゃんの言語の発達を助けることができます。

このためには、早期発見が必要ですが、通常の診察では判断することが困難なため、赤ちゃんの他覚的に検査が出来る専用のスクリーニング装置による検査が必要になります。

検査代は出産費用に含まれています。





なぜ生まれたばかりの赤ちゃんに検査が必要か


聴覚スクリーニング器材画像01

聴覚異常は、お子さまが2〜3歳になった時に「言葉が遅い」ことから気付く事が少なくありません。

赤ちゃんの聴覚異常に気付くのは、 とても難しい事だと思います。

出産3日目の赤ちゃんに新生児聴覚スクリーニング検査を実施し、早期の発見、早期の治療へのお手伝いが出来るような体制を整えています。

検査方法


聴覚スクリーニング器材画像02

検査は赤ちゃんが睡眠時、小さな音を聞かせながら脳波をとります。

脳波をとる電極(シールのようなもの)を額、首、肩にはります。

この検査は、眠っている赤ちゃんに柔らかい音を聞かせ、その反応を診て行うため、赤ちゃんの痛みや負担はありません。

白鳳会 林産婦人科 五位堂医院

639-0223 奈良県香芝市真美ヶ丘一丁目13-27
TEL: 0745-71-5201